競輪

日本の競輪

魅了してください、そして、磐城、福島の磐城-Taira Velodromeでスタンドプレーしてください。東京の立川Velodromeのレースの始まり。 紫色とオレンジを着て、乗り手はペースメーカーの後ろでブロックとペースから速度まで始めます。 レフリーは塔で始めを右に観測します。
埼玉の大宮Velodromeのレースの間、彼らが角を回るとき、9人のレーサーが、ペースメーカーの後ろに一列に並びます。
最終のフィニシュラインまで全速力で走るのがレースを折り重ならせるレーサー、 Velodrome.Professionalサイクリング(競輪、ケイリン?)は、1948年に賭けスポーツとして日本で始まって、以来、そこで非常に人気があるようになっています。 1957、日本Jitensha Shinkで食料(NJS; また、英語で、日本の競輪Associationとして、知られている)は、日本でのスポーツの規格の均一販売法を証明するために設立されました。 今日、ケイリンレースはJKA財団によって規制されます。

日本の野心的なプロのケイリン乗り手は日本競輪学校に入り口を競争します。 その時受け入れられる応募者の10パーセントは厳しくて、1日あたり15時間のトレーニング養生法を受けます。 卒業試験を通過して、承認されて、NJSが日本のプロのケイリンレースに適任になるということである人。

日本からチャンピオン
Koichi中野(中野 浩一、中野)は日本Professional競輪サーキットの空前の勝利自転車乗りです。 彼の母国の外で競争する最初の日本人のケイリン運動選手のひとり、10の連続した専門家スプリントWorld Track Cycling Championshipに関する記録があるUCI Track世界選手権の道の自転車乗りが1977年から1986年までの間ほとんど西のヨーロッパ人のプロ道の自転車乗りに対して勝つとき、中野は、最も良い記録をつかみます、彼が競輪世界選手権大会に決して勝ちませんでしたが。 その時、多くの主な短距離競走乗り手が、東欧圏国から来ていて、別々の「アマチュア」の出来事に参加しました。

Keita Ebine(海老根 恵太、Ebine Keita?)(千葉県からのケイリンレーサー)は競輪グランプリの前回の優勝者です。 2009年に、Ebineはほとんど賞金(244万USドル)の2億2500万円を稼ぎました。 これはグランプリに勝つための1億円(109万USドル)の賞を含んでいます。 Ebineの収益は空前のリストで3番目を格付けします、2002年のji山田(山田 裕仁、山田Y)、およびYによって稼がれた2億2800万円; ichirによって稼がれた2億4400万円と後ろで。 1997年の神山(神山 雄一郎、神山Y)。

6日の日本Championshipの前回の優勝者はヒロユキ・村上(村上 博幸、村上・ヒロユキ?)、京都からのケイリン競争相手です。

典型的なレース
すべての9人の自転車乗りがスターティングブロックにパレードしている状態で、日本での競輪競走は始まります、道に入って、再び自己の自転車を置きながらレースの始まりにお辞儀して。 すべての関係者が、数と色が識別のために譲渡されて、目的を賭けています、競馬に使用される色の競走をするように。

銃の音では、自転車乗りは、彼らのスターティングブロックを残して、ペースメーカー(オレンジの縞で紫色の服を着ているケイリン自転車乗り)の後ろで位置を獲得するのを試みます。 ペースが速くなるとき、1?2つの膝が残っていて、ペースメーカーは、通常道を去るでしょうが、あらゆるレースに従って、ペースメーカーがいなくなる実際の場所は異なります。

1とfrac12と共に。 膝が残っていて、職員はベルかゴングを鳴らし始めます、自転車乗りが、レースの最後の一周を始めるのを訪ねるまで頻度を増して。

レースは4人のレフリーによってモニターされて、それぞれが塔でほとんど4回転(角と呼ばれる)の1つの場所を見つけました。 あらゆるレースの後に、各レフリーは、白いか赤の旗を振るでしょう。 白旗は、違反が全くその領域に起こらなかったのを示します。 赤旗は、しかしながら、可能な違反に合図して、レースに調査を始めます。 次に、裁判官は、関係者が規則違反を遂行したかどうか決めるためにビデオテープの上にレースを調べます。 そうだとすれば、彼は、資格を取り上げられて、大会の残りから引退します。

競輪楕円形は特殊分野に分割されます: 「センター」と、2つの直線コース(ホームストレッチとバックストレッチ)、4回転(角)、および2つの位置が呼びました、角1と2(1つのセンター)と角3と4(2センター)の間の領域について言及して。

ほとんどのケイリンイベントが約2,000m(6,600フィート)2の標準距離で走行です、最も高い口径出来事が、より長い距離で争われている状態で。 例えば、競輪グランプリは、2,825m(9,268フィート)での走行、または400メーターのコースの周りの7つの膝です。

ランキング
競争相手が日本のケイリンレースで得ることができる合計6つのランキングがあります。 SSはS1、S2、A1、A2、およびA3によって続かれた中で最も高いランキングです。 すべての新しいケイリン卒業生が、A3が格付けしている状態で彼らのキャリアを始めて、ケイリンイベントに参加することによって、出世します。

それぞれのケイリン競争相手によってはかれた半ズボンの色はランクを示します。 A-クラス(A1、A2、A3)におけるものは緑色の縞と白人の星と共に黒い半ズボンをはきます。 S-クラスの競争相手(S1とS2)は緑色の縞の代わりに赤い縞を着ます。 エリートSSのクラスにおけるものは黒い縞、白人の星、および特別な記章がある赤い半ズボンをはきます。 2007年に導入して、SSランキングはグランプリの前にいつも12月にNJSによって最も良いケイリン運動選手に割り当てられます。(その運動選手は、1年3の期間、ランキングを保有します)。

グレードが日本のケイリン屋内自転車競技場に割り当てられるというあらゆる当然のことでレースグレードA競馬会を編集してください。 最も高い等級付けされた出来事はGPです、GIの(G1)(GII(G2)とGIII(G3))はS-クラスの乗り手だけを取っておきました。 下部では、それらがFI(F1)出来事です。(両方のS-クラスとA-クラスの乗り手にとって、その出来事は開いています)。 最も低い等級付けされた出来事(FII(F2))はA-クラスの乗り手のために予約されます。

GPグレード名称は競輪グランプリのために控えられて、3日は1年の最高ケイリン競争相手のために12月の終わりに開催されていた状態で間に合います。 大会は、結局、グランプリレース自体で締めくくります。(それは、年に一度の競輪レースチャンピオンを決定します)。

2008年12月現在、競輪グランプリレースのための9人の競争相手が優先権の以下の注文で断固としています。

年間(競輪Festival、日本Championship、高松Memorial Cup王子、Tomohito Cup王子、オールスターの競輪、および全日本Selection)(Summerオリンピック大会から出来事を循環させる日本人のメダル受賞者)のそれぞれの6回のGIの出来事の勝者; Competitorsは、最初に終わるか、2番目または3番目から最も多くのお金を1年間の競輪出来事に、最終的に得た競輪選考委員会Competitorsでそれらが同年に開催されるなら最も高い平均したレースがあるCompetitorsが1年間得点することを勧めました。
グランプリ分野がいったん決定するようになると、9人の競争相手が、SSランクが割り当てられて、1年間それを保有します。 このシステムの下で格付けされる次の9人の競争相手が、グランプリの前にまた、SSランクを受けて、ある日持たれていたGI SS Cupに参加します。 また、Prixが会うGrandの一部がGIIヤンググランプリです。(競輪に参加し始めたものではそれは、ここ3年以内に開かれています)。 それはS-クラスとA-クラスの両方が同じレースに参加する1年の唯一の競輪レースです。

年に一度のケイリンレースカレンダーにおける別の名門の出来事はGIの日本Championshipです。 いつも3月に6日間の期間にわたって維持されて、それは1年の最も長い単一民族ミーティングです。

一般に、それぞれのケイリン屋内自転車競技場がそのGIのGIIかGIII名称のどちらかの年あたり1回のイベントを主催することが許可されています。 各道の残っている出来事は1年あたり合計約70レース日間FIとFIIレースの組み合わせから成ります。 1回のGIかGII出来事が年に一度のカレンダーに1週間あたり毎月に1つのGIIIミーティングに平均的にあります。
[PR]
by 3261125 | 2010-03-30 11:52


<< オートレースの歴史 競艇のご紹介 >>